s6 呪い+剣舞ドリュウズ【最終2152 21位】

こんにちは クロトです
s6お疲れ様でした

【使用構築】


【構築】

ドラパルト@気合の襷 すりぬけ
163-×-93-152(252)-94(4)-213(252)
流星群/たたりめ/鬼火/呪い

カビゴン@食べ残し 厚い脂肪
265(236)-146(28)−117(252)−×−130−50
かみなりパンチ/アームハンマー/あくび/まもる

トゲキッス@こだわり眼鏡 天の恵み
175(116)−×−116(4)−187(236)−135(4)−119(132)
エアスラッシュ/マジカルシャイン/火炎放射/原子の力
調整意図
HB–陽気ドリュウズアイアンヘッド確定耐え
s−ダイジェット後最速アイアント抜き

ドリュウズ@弱点保険 砂かき
197(92)−176(36)−100(156)−×−96(84)−126(140)
地震/アイアンヘッド/剣の舞/岩雪崩

調整意図:https://pokesol.com/unit/excadrill1-swsh

アシレーヌ@突撃チョッキ
173(140)−×−116(172)−187(188)−137(4)−81(4)
うたかたのアリア/ムーンフォース/エナジーボール/アクアジェット

調整意図HB−陽気ホルード地震+電光石火99.2%で耐え

ミミッキュ@カムラのみ
131(4)−142(252)−100−×−125−162(252)
じゃれつく/呪い/身代わり/痛み分け

参考https://note.com/37piyo/n/nbbfcec799468


【概要】
ドリュウズの詰め性能
今季にかけて増加していたダイマ+アッキミミッキュに対しての詰め性能の高さや剣の舞による能力上昇と攻撃時にダイロックで自然と素早さを上げられる点がサイクルに対しても通しやすいと注目して組んだ


・呪いリレー+ドリュウズ+
ドリュウズが止まるポケモン(アーマーガア.カバルドン.あくびカビゴン)といった物理受けに呪いを入れる→アーマーガア入りは後出しから剣の舞を決めることで+2状態で砂を巻きながら倒す動きができた



【個体解説】
ドリュウズ
軸となるポケモン
基本はカビゴンやドラパルトを絡めながら相手のダイマを切らしてこのポケモンで詰める
ミミッキュに対して詰まされにくい点と技が通らない相手が少ないことが強かった
ダイロックによる無理矢理な切り返し、ダイアース、ダイスチル+弱点保険の対面性能の高さが単純だけど強かった





ドラパルト
襷を使って様々形でのストッパーや、初手ダイマックスに鬼火を巻いたりアーマーガアを機能停止させる枠として採用した
相手のダイマターンを襷を使いながら呪いで自主退場したり、鬼火+弱点保険で少ないダメージでドリュウズダイマターンを温存できるので、とても相性が良かった
アーマーガアやエルフーンへのダメージを期待してcsたたりめで使っていたが竜技を連打したい場面も多かったので無邪気ASドラゴンアローなどと悩むポイントが多かった





カビゴン
クッション
ドラパルトは有限になりがちなので、サイクルへはこのポケモンを絡めながら裏を通していた
構成のかみなりパンチ+アームハンマーは出す対象のヒートロトム+ナットレイ+水などに動きやすくなることが強く、意地っ張りにすることでアームハンマーラプラスを確定2発、無振りキッスをかみなりパンチで高乱2発を取ることができた
挑発を打ってくるギャラドスに打つのが楽しすぎた





トゲキッス
ナットレイ絡み、受けに主に選出した
環境に低速が多めのサイクルが増えたことから上からのエアスラッシュの押し付けが強く、カビゴンと出して基本選出にすることでノーマル+フェアリーの並びによってドラパルトへ耐性が付きやすくなることが偉かった
構成は通りがいい3ウエポンとヒートロトム(リザードン)+ナットレイに楽に立ち回れる原子の力採用をしていたがトリックにすればダイウォールが選択できる点やピクシー+アーマーガアなどに楽に勝てたかもしれない




アシレーヌ
主にカバルドンの牽制や襷ギルガルドに対面勝てる枠として入れた
あまり役割を持たずに、技が一貫する試合や対面選出をする際に投げていた
このポケモンの水技もヒヒダルマを激流発動うたかたのアリアで飛ばせるので使っていたけれど、熱湯にするとホルードやアーマーガアに火傷が期待できたので悩みどころだった
ナットレイが見えただけで選出できなくなってしまうようなポケモンだったのが悪い点だったけれどドリュウズとの受け攻めの保管にとても優れていた



ミミッキュ
最後に入ってきた崩し枠
このポケモンが構築にいないだけで相手に安易なダイマを許してしまうので、辛めなダルマやカバルドン展開に対して動きやすいこの型での採用になった
対アーマーガア絡みやドヒド入りはこのポケモンによって呪いを入れる→ドリュウズトゲキッスの積み技や上からの技の押し付けでサイクルを崩すことを考えていた
呪いと身代わりを見せた後のドラパルトの潰されるのを嫌ってカムラのみを持たせていたが、どちらかというとヒヒダルマなどに役立つことが多かった


【選出】
ドリュウズ以外は全員を満遍なく投げていた試合がほとんどでした
基本ドリュウズをラス1に置いて@2を相手に合わせて柔軟に選出します


or++
 鬼火あくびのろいを絡めながらドリュウズを通す 主に対面構築などに対して出した


++
 + +or
 ++(対受け
 サイクルへの崩し選出 基本トゲキッスのエアスラを押し付ける試合かミミッキュの呪いを耐久駒に当ててからこちらの攻め駒で役割集中を行うことが多かったです

++
 ++
 対面選出 カバルドン+ヒヒダルマにはこの選出が多かった ギャラドスが絡んでいた場合にはミミカビアシレーヌのような選出をする時もありました





 

【感想】
アーマーガアの崩しはある程度持っていても選出画面にいるだけで立ち回りと選出をかなり歪まされていたので終盤の増加に伴って勝てるか不安でしたがここまで来れて良かったです
ミトムがめちゃめちゃ重いのと、受け回しがかなり辛かったです

さなぴよ(@379ro)さんと似た構築で潜っていました
お互いに使用感や構築の中身を情報交換していただけなので考え方や立ち回りの違いがかなりあると思います
よければこちらもよろしくお願いします


note.com



【結果】
TN Seek 最高.最終2152 21位
TN 66 最終日最高78位最終1978





【最後に】

毎シーズン順位を更新してようやく満足のいく結果がでて良かったです
ここまでの観覧ありがとうございました
何かあればTwitter@Rail_pk11まで